「Media makers」を読んだ

 

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

 

 これ五年前の本だったのか。メディアビジネスは信頼とファン。楽しいけれど時間のかかる人生をかける価値がありそうな仕事。くそ記事でくそ広告からマネタイズしてるくそメディア全部なくなってほしい。

「ITビジネスの原理」を読んだ

 

ITビジネスの原理

ITビジネスの原理

 

 面白い。網羅的だけど踏み込みは浅い。

ひらパー兄さんに岡田くんを起用した人

 

 二時間で読める。人がうごくには二つの理由が必要。森永のジャックたべたい。

ひらパーもそうだが、無いところで頭をふりちぎるほど考えれるからいいアイディアがでる。ただ、目的をひとつにして、いい循環が回るようにという大阪経済大学の例も凄い。

自分の頭で考えるのが大事。メディアありきのプロモーションなんてだめ。

ホリエモンの飲食店経営に関する本

 

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

なんでお店が儲からないのかを僕が解決する

 

 kindle unlimitedであったので読んだ。

ホリエモンいいこといってるけどアレルギーある人多いからこれも飲食店の人はあまり読まなそう。伝えたいんだか、言いたいこと言うだけなのかはよくわからない。

巻末の店リスト特にいいね。

「哀しき紙芝居」を読んだ

 

哀しき紙芝居

哀しき紙芝居

 

 笑福亭鶴瓶論の中身は大体これだった。鶴瓶の優しさが溢れる。嫁さんとの純愛が中々泣ける。破天荒な鶴瓶がどこでも丸くなったのかはよくわからない。たぶん今もわるべのまま。

「笑福亭鶴瓶論」を読んだ

 

笑福亭鶴瓶論 (新潮新書)

笑福亭鶴瓶論 (新潮新書)

 

 戸部田さんの本は全部面白い。鶴瓶伝説色々凄い。純愛ぷりも凄い。愛される落語家はみんな人間性が凄い。

笠智衆の自伝

 

男はつらいよ、の御前さまのイメージだったけどそれより以前の方がメインキャリア。小津作品にかなり出てるのね。実家が寺も初耳